Ausstellung / 展覧会

 
 

wrinkled and wrapped
warped and wasted
Exhibition by Saskia Te Nicklin

 
日時 : 4月12日(水)19:00 – 21:00 (開場 18:45)
場所: オーストリア文化フォーラム東京
東京都港区元麻布1-1-20
 
入場無料
 
お申込み https://goo.gl/forms/1kI7vvBqLzNJDkcl2
 
Date : Wednesday, April 12 | 19:00 – 21:00 (Doors open 18:45)
Venue : Cultural Forum of Austrian Embassy Tokyo
1-1-20, Moto-Azabu, Minato-ku, Tokyo
 
Charge : Free
Registration : https://goo.gl/forms/1kI7vvBqLzNJDkcl2
 
サスキア・テ・ニクリンは1979年コペンハーゲン生まれ、ウィーン在住。
コペンハーゲン王立芸術アカデミーを卒業し、ウィーン造形芸術アカデミーで学ぶ。
今回展示されるのは日本滞在中に制作された新作で、年齢、若さ、霊性と物質性などにインスパイアされたもの。
この展覧会では、木工用ボンドや樹脂を使って制作された絵画やスケッチのシリーズが展示される。人物は、買い物、散歩、睡眠、食事などの日常の行動のポーズをとっている。樹脂、ポリ袋や木工用ボンドの素材の性質のため、変形したり皺がよったりしている。

 
Saskia Te Nicklin, born 1979 in Copenhagen, lives and works in Vienna. 
Graduated from the Royal Academy of Fine Arts Copenhagen, and studied at the Akademie der Bildenden Künste Wien under prof. Amelie von Wulffen.

The new work has been produced during her stay in Japan, inspired by themes such as age, youth, spirituality and materiality.
For the show a series of figurative paintings and drawings will be shown executed in wood-glue and plastic. The figures strike poses known to daily activities such as shopping, walking, sleeping, eating etc. What is noticeable are the somewhat deformed or wrinkled attributes caused by the materiality of plastic, plastic bags and the wood-glue.
 
  You are on the net
  But don't know how to surf
  Or even brake a wave
  'Cause when in there you are a
  Model without a role
  A demigod who just appeared
  Out of the blue
  And into the black
  You look for a buoy to cling onto   In an apathetic digital sea
  Avatars are your true
  Best friends
  Provide the best fixes
  With gooey frozen smiles

  cracked lips pasted with glue
  make them look shinier
  perfume of burnt plastic
  Play the aged simpleton
  In a daily ongoing series
 


 

„Judith mit dem Haupt des Holofernes“ Lucas Cranach d. Ä.
© Kunsthistorisches Museum Wien
 

クラーナハ展 500年後の誘惑

 
〜4月16日 国立国際美術館 大阪
 
ウィーン美術史美術館、国立西洋美術館ほかの共同主催により、ルカス・クラーナハ(父)の大回顧展が日本で初めて開催される。
 

 


 
 

©H.H.Capor
 

H.H.カポア写真展 "The Sound of Music"

 
4月20日~27日 平日のみ 14時~17時 オーストリア文化フォーラム東京
 
場所: オーストリア文化フォーラム東京
東京都港区元麻布1-1-20
 
入場無料
 

[オープニングレセプション]           

                                                       
日時 : 4月20日(木)19:00 – 21:00 (開場 18:45)
 
入場無料
 
お申込みは4月17日まで。下記URLのフォームにご記入ください。
 
https://goo.gl/forms/3grA4HnoleJfhpNJ3
 
ウィーン生まれの写真家H.H.カポアは社会的なテーマでの連作を多く発表している。今回オーストリア文化フォーラムで展示する連作 „The Sound of Music" は、観光客の旅の記録に対してアイロニカルに問題を提起している。写真を簡単に加工できる時代には、証拠として写真を残すことは時代遅れなのではないか。写真は、現実に起きたことについての証拠ではありえないのだ。
  
H.H.カポアは1948年ウィーン生まれ。1981年よりフリーランスの写真家として活動している。オーストリア、ドイツ、コロンビアの様々な機関で講義を行ったり、オーストリア、レバノン、ラトビアで文化プロジェクトに携わる。
 
カポアは社会的なテーマを扱う作品を多く発表している。今回展示するのは、オーストリアの民族衣装を着た若い女性が、観光名所でお決まりのポーズをとっている写真を撮ることで、いかにも観光客らしい振る舞いをアイロニカルに表現した作品のシリーズ"The Sound of Music"。
 
なぜ人は旅をするとき、ただ風景や街を撮影するだけで満足できないのか? 眼で見た風景をただ写真に収めるだけでなく、たしかに自分がそこにいたという証拠のために、自分の写っている写真も残したい人が多いのはなぜか?しかも、そこでポーズをとってしまったりするのはなぜなのか?こうした問題意識が作品の背景にある。
 
[Exhibition]
 
Date : Thursday, April 20 – April 27 only weekdays, 14:00 – 17:00 
Venue : Cultural Forum of Austrian Embassy Tokyo 
1-1-20, Moto-Azabu, Minato-ku, Tokyo 
Charge : Free
 
[Vernissage]
 
Date : Thursday, April 20 | 19:00 – 21:00 (Doors open 18:45) 
Charge : Free 
Registration : until 17. April https://goo.gl/forms/3grA4HnoleJfhpNJ3
  
H.H. Capor H.H. Capor was born 1948 in Vienna and is working as a free-lance photographer since 1981. Next to his work as photographer he is also giving lectures at different institutions in Austria, Germany and Colombia and organizes cultural projects in Austria, Lebanon and Latvia.
 
Capor’s work is often about social issues. At the Austrian Cultural Forum his photo series "The Sound of Music" will be exhibited. It is an approach to the musical and the clichéd behaviour of tourists abroad. The subject revolves around dressing up and posing in front of sights, consisting of ironic photographs of girls posing in the traditional Austrian dress “Dirndl”, according to the typical tourist model. Why most people aren't satisfied with just capturing the cities and landscapes they travel through, remains a mystery to the artist. His observations tell him that the travelers themselves are just as important. It is them who decide what is worthy to be documented. The aim seems to be to show that they were really there. That may well be understandable, but why all these contortions and poses? Furthermore in times of Photoshop, it appears anachronistic to produce pictorial evidence. Photography is never proof for something that really happened.
 


 

 

ミヒャエル・クーデンホーフ・カレルギー展

 
4月23日~29日 ギャラリーゴトウ 東京
 

 


 

 

ペトラ・リンデンバウアー
International Tea Ware Expo

 
5月2日〜7日 Galerie H2O 京都
 

 


 
 

 

国際モーツァルテウム財団企画展・コンサート

 

企画展

 
5月3日~8日 第一生命本社 東京
 

コンサート

 
5月9日 ミューザ川崎
  
モーツァルトゆかりのさまざまな品のほか、ザルツブルク・モーツァルテウム財団のコレクションから、モーツァルトが幼少期に弾いたチャイルド・ヴァイオリン、ザルツブルクの宮廷楽団で弾いていたヴァイオリンが展示され、ロビーコンサートでその音を聞くこともできる。

 
 

 

 

ARS ELECTRONICA in the KNOWLEDGE CAPITAL vol.07
私たちの時代のモノづくり展
induSTORY 

 
〜5月7日 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタルThe Lab. 
 

 


 

 

ずれた / 国際現代版画展

 
5月11日~28日 東京藝術大学 大学美術館陳列館
 
東京藝術大学とウィーン応用芸術大学とは共同で、「ずれた」プロジェクトと称し、版画制作での創造過程における失敗作の役割に取り組んでいる。
「ずれた- zureta」では、5大陸14か国18大学の学生たちの作品の展覧会と、様々な国から参加するアーティストによるシンポジウム、東京藝術大学とウィーン応用芸術大学の学生と教員によるワークショップが開催される。
 
TEL:050-5525-2158 東京藝術大学美術学部版画研究室
 


 

Dieter Josef : Austria IV: "Reformation – Rereformation", Lithographie
 

"Josef & Josef"
ディーター・ヨーゼフ & ホルスト・フランツ・ヨーゼフ

 
6月19日~25日 OAGハウス東京 ロビー
 
グラフィック・デザイナーのディーター・ヨーゼフは、オーストリア、ポーランド、日本の大学で研鑽を積み、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、オーストラリア各地で個展開催の傍ら版画トリエンナーレに参加している。
 
今回は、オーストリアの版画家ディーター・ヨーゼフと、ドイツの画家ホルスト・ヨーゼフの作品が展示される。ディーター・ヨーゼフの作品は、異なるモチーフを重ね合わせて異化を図り、詩的で多層的なイメージを生み出すことで、個々の文化という枠組みを越え、創造的な理解という普遍的な次元を目指す。文化的なクロスオーバー、文化の多層性、Dieter Josefが「mixed media printing」でしか表現し得ないと考える世界観の表現であるといえる。
 

 
 

オットー・ワーグナー × 関谷正昭 建築写真展

 
東京 デザインフェスタギャラリー原宿
   サクラホテル3か所(池袋・幡ヶ谷・神保町)
   サクラホステル浅草
   サクラハウス新宿オフィス ロビー
   ホテルコンチネンタル府中
 
オーストリアの建築家オットー・ワーグナーの作品に魅せられた日本の写真家、関谷正昭が、長年にわたり、ワーグナーの作品群の芸術的な造詣を写真に収めた。東京のサクラホテルほか数箇所で、その写真が無期限で展示されている。