イメージフォーラム・フェスティバル2018 フィルムメーカーズ・イン・フォーカス

「クルト・クレン、フレームの王」(16作品/61分/オーストリア、アメリカ)

8月8日〜12日 スパイラルホール、東京
8月4日〜12日 シアター・イメージフォーラム、東京
8月21日〜24日 京都芸術センター
8月25日〜26日 ルーメン・ギャラリー、京都
9月 横浜美術館(予定)
9月26日〜30日  愛知芸術文化センター アートスペースA, E, F、名古屋

http://www.imageforumfestival.com

ニューヨーク近代美術館での上映やオーストリア・フィルム博物館の修復プロジェクトなど、近年再評価が高まる“構造映画”のマスター、クルト・クレンの特集プログラム。

クルト・クレン(1928-1998)は、あらかじめ設定されたチャートに基づいて一コマづつ撮影することで、既存の“映画”についての概念をした。オットー・ミュールやギュンター・ブルスらウィーン・アクショニズムのパフォーマンスを記録した一連の作品群がよく知られているクレンだが、その綿密に計算されたフレームの連なりが与えるパンクな精神とリリカルな詩情に魅入られる。クレン没後20年にあたって、オーストリア・フィルム博物館が修復・デジタル化したリマスター素材を上映する。キュレーション担当のブリギッタ・ブルガー=ウツァー(ディレクター、シックスパックフィルム)のトークも予定。

ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ

©Max Zerrahn
©Max Zerrahn

7月25日~30日 ドイツ文化会館ホール、東京

ゲーテ・インスティトゥートの「演劇分野の翻訳助成」によって日本語に翻訳された最新のドイツ演劇の作品を、リーディング形式で4本一挙に紹介。うち2本がオーストリアの作家の作品。移民の流入に揺れるドイツの状況を当事者の視線から描いて、その矛盾や葛藤を明るみに出すのは、ヤエル・ロネンの『冬の旅 رحلة الشتاء』。ミロスラヴァ・スヴォリコヴァは『ヨーロッパへ行き着くヨーロッパ』で、理想郷ヨーロッパの挫折の解読を試みる。ロ年とスヴォリコヴァは来日し、ワークショップ、ディスカッション、インスタレーション等にも参加する。


『冬の旅 رحلة الشتاء』

作:ヤエル・ロネン 訳、演出:小山ゆうな(雷ストレンジャーズ)

上演 7月27日、28日

ワークショップ 7月28日


『ヨーロッパへ行き着くヨーロッパ』

作:ミロスラヴァ・スヴォリコヴァ 訳:小畑和奏 演出:櫻井美穂(青年団)

上演 7月28日、29日

専門家会議 7月27日

「映画監督ミヒャエル・ハネケ」(監督:イブ・モンマユール)

©Yves Montmayeur / WILDart FILM
©Yves Montmayeur / WILDart FILM

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭

7月20日10:30 SKIPシティ 多目的ホール

http://www.skipcity-dcf.jp/

『愛、アムール』や、演劇ワークショップを通じて、彼の映画理論と演出術を分析。10年に渡る密着から垣間見える素顔や、イザベル・ユペールやジュリエット・ビノシュなど出演女優のインタビューも必見。

「世界で一番の幸せ」 アドリアン・ゴイギンガー監督

EUフィルムデーズ2018での上映

7月13日 18:30 広島市映像文化ライブラリー

元気で想像力豊かな7歳のアドリアンは、母親ヘルガの献身的な愛を一身に受け、ザルツブルク郊外で幸せな生活を送っていた。実はヘルガはドラッグ中毒で、息子との生活を守るためにその事実をひた隠しにしていた。ところがある日、ドラッグディーラーが彼らのアパートで不審死を遂げ、警察沙汰となってしまう。ヘルガは、最愛の息子を失わないために今度こそきっぱりとドラッグを断つ必要に迫られる。監督自らの回想にもとづく実話。

https://eufilmdays.jp/

ヨーゼフ・ハイドン -エスターハージー宮廷における音楽と生活様式 エスターハージー財団コレクション展

オープニング

日時 : 7月2日 19:00 – 21:00 (開場 18:45)

場所: オーストリア文化フォーラム東京

東京都港区元麻布1-1-20

入場無料

お申込みは6月29日までにリンク先のフォームにご記入ください。

https://goo.gl/forms/9BzsIDesvidPcXAX2


展覧会

日時 : 7月3日~16日、月~金、 13:00 – 16:45
休館日:土・日、13:00~16:45

場所: オーストリア文化フォーラム東京

東京都港区元麻布1-1-20

入場無料

この展覧会では、ヨーゼフ・ハイドンの生活と創作活動を示す、歴史的に価値のある資料が展示される。ハイドンは、40年以上にわたり宮廷楽長および作曲家として、ハンガリーの大貴族、エスターハージー家に仕えた。1687年、エスターハージー家はオーストリア皇帝より侯爵位を授かり、アイゼンシュタットを拠点に選んだ。数百年にわたり、一家は傑出した芸術コレクションを築き上げ、多くの偉大な芸術家をパトロンとして庇護した。今回の展示物は、このたび初めてエスターハージー城から持ち出されるものばかりである。

オープニングでは、エスターハージー財団コレクションを管理するフローリアン・バイヤー博士による解説が行われる。