シンポジウム「慶應義塾大学とウィーン大学の社会学提携の展望 現象学的・解釈学的社会学の過去・現在・未来」

11月9日 慶應義塾大学三田キャンパス、東京

ウィーン大学のProf. Dr. Michaela Pfadenhauer、Prof. Dr. Roswitha Breckner、Dr. Ana Mijic、Dr. Tilo Glanzが講演を行う(英語、通訳なし)。

Information: morikawa@flet.keio.ac.jp