クリスティーナ・シュタットルバウアー „Ceramic Scar Tissue“

11月6日 BioClub Tokyoにてアーティストトーク

http://bioclub.org

オーストリア出身、ヘルシンキ在住のアーティスト、クリスティーナ・シュタットルバウアーは、現在BioClub Tokyoのアーティスト・イン・レジデンスとして活動している。割れた食器を修理するための日本の伝統技術「金継ぎ」に想を得て、お気に入りの物を修理したり、コンセプチュアルに日常のコミュニティやシチュエーションに手を施したり、この技術をアートの実践に応用する。