イメージフォーラム・フェスティバル2018 フィルムメーカーズ・イン・フォーカス

「クルト・クレン、フレームの王」(16作品/61分/オーストリア、アメリカ)

8月8日〜12日 スパイラルホール、東京
8月4日〜12日 シアター・イメージフォーラム、東京
8月21日〜24日 京都芸術センター
8月25日〜26日 ルーメン・ギャラリー、京都
9月 横浜美術館(予定)
9月26日〜30日  愛知芸術文化センター アートスペースA, E, F、名古屋

http://www.imageforumfestival.com

ニューヨーク近代美術館での上映やオーストリア・フィルム博物館の修復プロジェクトなど、近年再評価が高まる“構造映画”のマスター、クルト・クレンの特集プログラム。

クルト・クレン(1928-1998)は、あらかじめ設定されたチャートに基づいて一コマづつ撮影することで、既存の“映画”についての概念をした。オットー・ミュールやギュンター・ブルスらウィーン・アクショニズムのパフォーマンスを記録した一連の作品群がよく知られているクレンだが、その綿密に計算されたフレームの連なりが与えるパンクな精神とリリカルな詩情に魅入られる。クレン没後20年にあたって、オーストリア・フィルム博物館が修復・デジタル化したリマスター素材を上映する。キュレーション担当のブリギッタ・ブルガー=ウツァー(ディレクター、シックスパックフィルム)のトークも予定。