ヨーゼフ・ハイドン -エスターハージー宮廷における音楽と生活様式 エスターハージー財団コレクション展

オープニング

日時 : 7月2日 19:00 – 21:00 (開場 18:45)

場所: オーストリア文化フォーラム東京

東京都港区元麻布1-1-20

入場無料

お申込みは6月29日までにリンク先のフォームにご記入ください。

https://goo.gl/forms/9BzsIDesvidPcXAX2


展覧会

日時 : 7月3日~16日、月~金、 13:00 – 16:45
休館日:土・日、13:00~16:45

場所: オーストリア文化フォーラム東京

東京都港区元麻布1-1-20

入場無料

この展覧会では、ヨーゼフ・ハイドンの生活と創作活動を示す、歴史的に価値のある資料が展示される。ハイドンは、40年以上にわたり宮廷楽長および作曲家として、ハンガリーの大貴族、エスターハージー家に仕えた。1687年、エスターハージー家はオーストリア皇帝より侯爵位を授かり、アイゼンシュタットを拠点に選んだ。数百年にわたり、一家は傑出した芸術コレクションを築き上げ、多くの偉大な芸術家をパトロンとして庇護した。今回の展示物は、このたび初めてエスターハージー城から持ち出されるものばかりである。

オープニングでは、エスターハージー財団コレクションを管理するフローリアン・バイヤー博士による解説が行われる。