Ars Electronica Tokyo Initiative´s Media FIS Tokyo 2018

5月25日〜27日 Tokyo Midtown

「東京は未来のラボである」というタイトルを掲げ、5月25日から28日にかけ、東京ミッドタウンで「Future Innovators Summit TOKYO」が開催される。日本の首都東京をめぐる議論において中心となるのは次の3つの問いである。急速に高齢化の進む社会において、都市での生と死はどうなるのか?世界で最も技術の進んだ都市において、モードと進退はどのように進化するのか?大都市において、公共性と私生活の関係はどうなっているのか?

http://www.aeti.jp/

「ゲッベルスと私」

© 2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH
© 2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH

監督: クリスティアン・クレーネス、フローリアン・ヴァイゲンザマー、オーラフ・S・ミュラー、ローラント・シュロットホーファー

6月 岩波ホール 東京

2016年に制作された、ナチスの宣伝大臣ゲッベルスの秘書を3年間務めたブルンヒルデ・ポムゼルについてのドキュメンタリー映画。ポムゼルはこの映画で初めて、独裁者ヒトラーに近しい立場での個人的な経験や、疑問、不安、罪悪感などについて語っている。2017年にポムゼルは106歳で亡くなり、この映画が最後の証言となった。日本公開に先駆け、監督を交えて関連イベントも開催される。

5月22日 東京大学駒場キャンパス「ゲッベルスと私」上映&クリスティアン・クレーネスと石田勇治教授の対談
5月23日 紀伊國屋書店新宿本店9Fイベントホール クリスティアン・クレーネスのトーク
5月25日 大阪ビジュアルアーツ ジャーナリズムコース学生向け上映&ワークショップ
5月25日 紀伊國屋書店梅田本店 クリスティアン・クレーネスのトーク

クリスティアン・ラップ博士による講演会

4月23日 東京ウィメンズプラザ・ホール 「戦争が近づいた時 1914年夏 何があったか」
4月25日 オーストリア文化フォーラム東京 「1918年以降のオーストリア 共和国の100年を振り返る」
4月28日 神戸大学 「戦争が近づいた時 1914年夏 何があったか」

クリスティアン・ラップ博士はキュレーター、多数の大学での講師を務めるほか、2018年よりニーダーエスタライヒ州立歴史館の館長を務める。第一次世界大戦をテーマとした展覧会「歓喜と悲惨―大戦争とともに生きる1914-1918」のキュレーターとして、特に第一次世界大戦に取り組んでいる。

https://ww1jp.wordpress.com/

BioCamp: Gardens as ‘Biotechnik‘

©Enzo Addi
©Enzo Addi

2月10日~17日

Red Bull Studios Tokyo 他

プログラムディレクターのひとりとしてGeorg Tremmelが、ゲスト講師として Günter Seyfriedが参加する。

http://jfac.jp/culture/events/e-biocamp/

他微生物学、ビオテヒニク、ビオアートの基礎知識を学ぶことのできる公募型ワークショップ。ビオアートの将来的な表現形態や社会的な需要についても議論が交わされる。オーストリアのアーティストGeorg Tremmel(プログラムディレクター)とGünter Seyfried(ゲスト講師)が参加する。