ヨーゼフ・ハイドン -エスターハージー宮廷における音楽と生活様式 エスターハージー財団コレクション展

オープニング

日時 : 7月2日 19:00 – 21:00 (開場 18:45)

場所: オーストリア文化フォーラム東京

東京都港区元麻布1-1-20

入場無料

お申込みは6月29日までにリンク先のフォームにご記入ください。

https://goo.gl/forms/9BzsIDesvidPcXAX2


展覧会

日時 : 7月3日~16日、月~金、 13:00 – 16:45

場所: オーストリア文化フォーラム東京

東京都港区元麻布1-1-20

入場無料

この展覧会では、ヨーゼフ・ハイドンの生活と創作活動を示す、歴史的に価値のある資料が展示される。ハイドンは、40年以上にわたり宮廷楽長および作曲家として、ハンガリーの大貴族、エスターハージー家に仕えた。1687年、エスターハージー家はオーストリア皇帝より侯爵位を授かり、アイゼンシュタットを拠点に選んだ。数百年にわたり、一家は傑出した芸術コレクションを築き上げ、多くの偉大な芸術家をパトロンとして庇護した。今回の展示物は、このたび初めてエスターハージー城から持ち出されるものばかりである。

オープニングでは、エスターハージー財団コレクションを管理するフローリアン・バイヤー博士による解説が行われる。

ブルーブルート(実験音楽)

© Louise Rath
© Louise Rath

6月22日 ジャズスポットキャンディ 千葉
6月23日 OTOOTO 東京
6月24日 Environment 0g 大阪
6月25日 神戸ビッグアップル
6月26日 ペッパーランド 岡山
6月27日 ニューコンボ 福岡
6月28日 ライフタイム 宮崎

http://www.blueblut.net/

「世界で一番の幸せ」

アドリアン・ゴイギンガー監督

2017, German (English & Japanese subtitles)

EU Film Days2018

国立映画アーカイブ
6月14日(木)19:00(プロデューサー、W.リッツベルガーが参加)
6月16日(土)10:30

京都府京都文化博物館
6月22日(金)13:30(プロデューサー、W.リッツベルガーが参加)
6月23日(土)17:00

広島市映像文化ライブラリー
7月13日(金)18:30

元気で想像力豊かな7歳のアドリアンは、母親ヘルガの献身的な愛を一身に受け、ザルツブルク郊外で幸せな生活を送っていた。実はヘルガはドラッグ中毒で、息子との生活を守るためにその事実をひた隠しにしていた。ところがある日、ドラッグディーラーが彼らのアパートで不審死を遂げ、警察沙汰となってしまう。ヘルガは、最愛の息子を失わないために今度こそきっぱりとドラッグを断つ必要に迫られる。監督自らの回想にもとづく実話。同映画のプロデューサー、ヴォルフガング・リッツベルガーが来日し、6月14日東京、6月22日京都の上映でトークを行うほか、6月15日にはオーストリア文化フォーラムで講演を行う(講演の詳細は下記)。

チケットやより詳しい情報はこちら


ヴォルフガング・リッツベルガー講演会

日時 : 6月15日 19:00 –21:00 (開場 18:45)
場所: オーストリア大使館・オーストリア文化フォーラム
住所:〒106-0046 東京都港区元麻布1-1-20
http://austrianculture.jp/?page_id=209


入場無料、英語・通訳なし
お申込みは6月13日までに、リンク先のフォームにご記入ください。(定員40名)https://goo.gl/forms/nmgJPWkedzeRUuff2

EUフィルムデーズで上映される映画「世界で一番の幸せ」のプロデューサーが、この映画が作られた背景と、NETFLIXやAMAZONといったプラットフォームがますます勢力を増していく今日の状況のなかで、映画館で上映する映画が成功を収めるチャンスについて語る。